B0122

琳派 屏風絵

日本画の大家、尾形光琳が描いた屏風絵のような、
日本伝統の美を存分に表現する京都らしい正絹打掛。

大胆な金色が目を引きますが、
上身頃に真っ白なシルエットの
「鶴」があしらわれておりますので、
お顔まわりをすっきり明るく見せてくれる1着です。

裾に広がる「流水」紋様は
止まることなく清らかに続く
幸福の象徴として描かれています。

衣装の色

キーワード

おすすめの衣装

お気に入りがまだ登録されていません