B0116

黒地 螺鈿 花と蝶

日本の伝統色で描かれた
彩り豊かな「松」「蝶」「七宝」などの
おめでたい紋様を、
威厳ある黒色と組み合わせることで、
打掛に永遠の美を閉じ込めたかのような極上の一着。

京都の職人が手仕事で仕上げる正絹打掛は、
まさに宝石にも劣らない美しさです。

衣装の色

キーワード

おすすめの衣装

お気に入りがまだ登録されていません