A0023

朱地鶴と金箔蝶の舞

京都の伝統的な手描き友禅に、
金箔を取り入れる「絹の宝石」と称される
本手描友禅で仕上げた正絹打掛。

金彩で仕上げた蝶の文様は「出世」や「長寿」を表し、
同じく「長寿」の願いが込められた鶴が大きく舞う、
裏地にまでこだわった格式高い一着です。

衣装の色

キーワード

おすすめの衣装

お気に入りがまだ登録されていません