A0022

朱地古典松重ね

「松」は、一年中緑のまま凛とした佇まいを見せることから、
長寿を司る吉祥文様です。
永遠に続くおだやかな日々を意味する「青海波」と
組み合わされた紋様『松青海波』は、
重ねて縁起の良い紋様として今も大切にされています。

京都の最高級織「唐織」で仕上げられたこちらの正絹打掛は、
彩り豊かな朱地に『松青海波』のすっきりとしたシルエットが
軽やかに配置された、大変人気の打掛です。

衣装の色

キーワード

おすすめの衣装

お気に入りがまだ登録されていません