梅

衣装としての和装にはどのような種類があるのか

和装の種類について


結婚式やその前撮りなどで和装の衣装を着用する機会は少なくありません。豊富な種類の中から選べるサービスが多いため、事前にどのような種類があるのか理解しておくことは大切でしょう。
まず白無垢があります。こちらは正統派といえるスタイルであり、多くの方が一度は袖を通してみたいと考えているでしょう。とてもシンプルであり、どのような髪飾りやヘアスタイルを整えるのかによってかなり仕上がりが異なるのが特徴となっています。洋髪のみとしたり、洋髪に綿帽子をコーディネートするなどさまざまな方法でおしゃれに仕上げられます。さまざまなスタイルが可能です。
次に、色打ち掛けというものがあります。こちらはファッション性が高いのが特徴となっています。自分らしいスタイルを実現させることができるでしょう。あるいは伝統的なスタイルにすることも可能です。それぞれが自分の個性を生かす自由なスタイルで整えられるのです。大振り袖というものもあります。こちらは女性の洗練された美しさを引き立ててくれるものです。大人の和装を望んでいる方に最適です。特に黒の振り袖である黒引きはとても人気があります。
このようにさまざまな種類があるのが和装の特徴となっているのです。それぞれの種類について、さらに細かなデザインの違いが存在しています。衣装を貸し出してくれる業者があるため、そちらを利用すればさまざまなものの中から選ぶことができるでしょう。たとえばホームページ上で写真を掲載していることが多いです。そちらをチェックすることによって、それぞれの衣装のイメージを掴むことができます。実際に相談をしながら自分に合ったものを選びましょう。

和装の小物の種類について


衣装として和装を着るならば、小物にも注目してみましょう。小物にはいろいろな種類が存在しているのです。特にヘアスタイルのアクセントとして欠かせない小物がたくさん存在しています。それぞれの和装の色に合わせたものをコーディネートしていくときれいにまとまります。
たとえば花飾りがあります。ワンポイントでとてもおしゃれになるため人気を集めています。さりげない雰囲気があり、アップスタイルのヘアにつけることによって相性がとても良いでしょう。華やかな雰囲気を演出することができます。また、これに合わせてかんざしも使うことがあります。ちょっとしたアクセントになり、和装によく映えます。
かんざしの中には花かんざしというものもあります。こちらはつまみ細工とも呼ばれているものです。きめ細やかであり、下がり飾りが取りつけられています。これが歩くごとに揺れていくため、それがとても良い雰囲気を演出してくれます。胸元を彩りたいならば、筥迫や懐剣といったものがあります。これらは差し色として用いることが多いです。重要な役目を果たしてくれる小物となっています。さらに和ブーケというものがあります。こちらは新和装スタイルには欠かせないアイテムとなっています。
このようなアイテムとヘアスタイルを上手く組み合わせることによって、着物をより引き立てることができます。自分の個性に合ったものをじっくり考えながら選ぶと良いでしょう。業者のスタイリストとよく相談をすることによって、最高のアイテムを見つけましょう。

和装の衣装に合ったヘアスタイルとは


和装の衣装とよく合うヘアスタイルを整えることも大切です。さまざまな種類の髪型があり、衣装との相性の良い組み合わせをスタイリストに提案してもらいます。
まずは洋髪があります。こちらはスタイリッシュであり、ファッション性が強いのが特徴となっています。自由なヘアスタイルを楽しむことができるでしょう。洋髪に合うのは色打ち掛けです。
白無垢を着たいならば、綿帽子が合います。これは定番のスタイルとなっています。昔から根強い人気があるのです。可愛らしくて、それでいて控えめなイメージを演出することができるでしょう。そのような楚々としたイメージにあこがれを抱いている方におすすめできます。一度で良いから白無垢を着てみたいと考えている女性は多いです。
角隠しというスタイルもあります。こちらは日本髪を結ったときにかぶるものであり、頭を覆うようにするのが特徴となっています。白無垢と色打ち掛けのどちらにも合います。特に色打ち掛けとのバランスが良いです。日本髪というスタイルもあります。こちらは伝統的なスタイルといえるでしょう。昔ながらのスタイルではなくて、現代風の華やかで可愛らしいイメージに仕上げてもらうことができます。色打ち掛けや白無垢に合わせることが多いです。
洋髪で綿帽子をかぶるというスタイルもあります。かつらが似合わないと考える方もいるため、そのような方のためのスタイルとなっています。和の雰囲気を残しながらも、初々しさを感じさせるスタイルであり、人気を集めています。このようにヘアスタイルは色々ありますので、自分の好みや衣装に合ったものを選びましょう。

次の記事へ