梅

気分は最高、和装の前撮りで一生の宝物を作ろう

前撮りをするメリットとは


前撮りは結婚式とは別の日に結婚記念の写真を撮ることです。今回は前撮りを行うメリットをいくつかご紹介します。1つ目のメリットは時間に迫られることなく落ち着いて写真を撮ってもらえることです。結婚式の当日は、自分たちの準備だけでなく家族や親戚、招待客への挨拶などが忙しくあっという間に時間が過ぎていきます。そのためゆっくりと写真を撮ってもらう時間はなかなか取れません。前撮りなら写真撮影のことだけに集中することができます。リラックスした状態で撮影を行えるのが人気の秘密です。
2つ目のメリットは結婚式で着ない衣装を着ることができる点です。最近はウエディングドレスの人気が高まり、結婚式ではドレスを着る方が多くなりました。しかし女性にとって白無垢や色内掛の和装を着ることは小さいころからの夢でもあります。前撮りなら当日式では着ない衣装を着て写真に残すことができます。
3つ目のメリットは好きな場所で撮影できるということです。通常結婚式は、教会か神社、ホテルなどの結婚式場で行います。しかし招待客がいない撮影なら、自分たちの好きな場所で撮影することが可能です。二人にとっての思い出の場所や、忘れられない場所での撮影は、新郎新婦の表情も自然な笑顔となり素敵な写真が残ることでしょう。
4つ目のメリットは結婚式当日の予行演習ができる点です。人生で一度か二度しか経験しないような結婚式は、すべてが初めてのことが多く緊張してしまうことが多いのが現状です。前撮りなら結婚式の前にリハーサルのような気持ちで撮影に臨めるので、当日はリラックスした気持ちで結婚式自体を楽しめます。

前撮りをする時期と場所について


前撮りをするタイミングは結婚式の3カ月前ぐらいまでが一般的です。早すぎると結婚式の段取りや打ち合わせなどがあり落ち着いた気持ちで写真撮影に挑めません。結婚式が近づくにつれて、お互いに気持ちの整理がつき結婚の実感も湧いてくるのでこの頃がちょうど良いでしょう。
季節に合わせて結婚式の日程を決めるという方法もあります。日本は春夏秋冬それぞれに美しい自然や景色の変化があるのが特徴です。春はきらきらとした新緑や華やかな桜が新郎新婦をより美しく演出します。夏は海が好きな方にとっては、開放感のある海辺をバックにしたロケーションで特別なショットを記念に残すことができます。秋は紅葉が美しい時期です。一年の中で最も過ごしやすい気候ということもあり、前撮りを希望する方が多いのもこの時期です。鮮やかに色付いた紅葉をバックにした撮影は、うっとりするほどの感動です。冬はクリスマスシーズンと重なるためイルミネーションやライトアップがロマンチックな雰囲気を演出します。一年で一番寒い時期ですが、幻想的な雪をバックにした撮影が行えることもあって人気があります。
前撮りをする場所は3つの選択肢があります。1つ目はスタジオでの撮影です。式場やホテル、専門の写真店を利用して撮影します。メリットは天候に左右されることなく、予定通りに撮影が行えることです。また衣装を着替える場所がセットになっていることが多いため、移動がスムーズに行えます。2つ目は好きな場所での撮影です。和装に似合う伝統的な日本庭園や神社は、新郎新婦の晴れやかな姿をより一層美しく引き立たせます。また思い出の土地や場所での撮影も思い出に残るロマンチックな写真になるため人気があります。3つ目はスタジオと野外、両方での撮影です。一生に一度の記念になるので、後悔が残らないよう前撮り撮影を全力で楽しむ方におすすめです。

和装の種類と前撮りのポーズとは


和装の種類には大きく分けて3つあります。1つ目は白無垢と呼ばれるものです。白無垢は名前の通り全身を純白で統一した和装です。昔から純粋なイメージがある白を基調とした和装は、鎌倉時代・室町時代から重宝されてきました。厳粛な神社での撮影で人気があります。また伝統的な白無垢姿の撮影は、年配のご家族や親戚の方からも幅広く支持されています。白無垢に合わせる綿帽子や角隠しも伝統的な儀式には欠かせないアイテムです。2つ目は色打掛と呼ばれる鮮やかな色の打掛を羽織った和装です。通常は赤色や朱色などおめでたい印象の鮮やかな配色が多いですが、最近はその他の色やデザインも人気があります。彩りが豊かで見ているだけでほれぼれする色打掛は、選ぶ楽しさもあるのが魅力です。3つ目は引き振袖と呼ばれる、袖を引きずるようにして歩くほど袖が長い和装です。黒色の引き振袖が最も人気があります。もともと白無垢や色打掛よりも歴史が古く、正式な婚礼衣装です。
前撮りでは何着でも和装を着ることができますが、最も多いのは白無垢と色打掛の2種類です。しかしせっかくの前撮りですので心行くままにお好みの和装を試着してみるのも良い思い出になります。
前撮りはプロのカメラマンがポーズを指定して写真を撮るスタイルです。普段は経験しないようなことなので、はじめは緊張するでしょう。緊張しないように事前に二人でポーズの練習や確認をしておくとよりリラックスした状態で撮影に挑めます。撮影した写真は年賀状や結婚の挨拶など幅広く用いることができます。花嫁さんのアップ姿やうつむきショットなども思い出に残る一枚となるでしょう。また新郎新婦で手をつなぐショットや相合い傘などは夫婦の仲が良い様子が伝わってくるので人気があります。

次の記事へ