梅

新郎の和装はどのようなものを着用するの?

基本のスタイルは黒五つ紋付き羽織袴


結婚式というと、教会やチャペルで行われることも一般的になっています。しかしここにきて和婚ブームが来ていて、神前式で挙式を行いたいと考えるカップルも増えています。ということは、結婚式を執り行うにあたって、新郎が和装することも多くなってきたということです。
新郎が和装で登場する場合、どのような物を選べばいいのかよくわからないという人もいるでしょう。新郎の場合、正礼装が基本的なスタイルになります。正礼装とは、和装の中でも最も格式の高い服装のことです。新郎の場合、黒五つ紋付き羽織袴が正礼装になります。ですから和装を希望する場合には、黒五つ紋付き羽織袴をベースに考えてどうするかを決めていくといいでしょう。
黒五つ紋付き羽織袴の場合問題になるのが、家紋についてです。自分の家紋のついている黒五つ紋付き羽織袴を所有している人はあまり多くないでしょう。レンタルで対応することも可能ですが、この場合もちろん自分のところの家紋がついているわけではないです。となると、方法の一つとして自分の家の家紋を用意して、家紋の部分につけて対処するという形がありますが、自分の家の家紋をよく知らないという人も若者を中心に多いのではないでしょうか。ですから親などに聞いて、どのような家紋なのかを確認しておきましょう。
もう一つ注意してほしいのは、新婦の服装です。和装にはいくつか格式があって、同じ格式に合わせるのもマナーです。新婦の場合、正礼装になるのが、白無垢・色内掛け・黒引き振袖・大振り袖が該当します。もし新婦の服装がこれではない場合には、どのような服装にすればいいか事前に調整を進めるといいでしょう。
ちなみに披露宴の時にお色直しをしたい、2次会で着用するといった場合には略礼装でも構いません。男性の和装の略礼装の場合、色紋付き袴になりますので覚えておきましょう。

試着するときにどこに注意すればいい?


ほかの服装同様に、結婚式の準備をするにあたっても、自分の体形にフィットするものを着用するために試着をすることになります。体形にフィットしていないとせっかく和装で決めたように思っても、アンバランスで格好悪い印象になりかねません。あまり着物を普段身に着けることは少ないので、フィットする条件がよくわからないという人もいるでしょう。ポイントになる要素をいくつか挙げてみます。
まずは袴が長すぎるとどうしてもちぐはぐな印象を受けます。また裄丈といって、腕の長さがちょうどいいのかを気にしたほうがいいです。羽織のサイズがフィットしているかどうかも確認しましょう。自分の体形にフィットしているかどうかは、実際に着用したときに鏡で自分の姿を見ましょう。バランスがおかしいと思うのであれば、サイズの合っていない可能性が高いです。また新郎だけでなく、新婦も試着して一緒に鏡の前に立ってみましょう。そして両者の衣装がマッチしているかどうか確認することです。
しかし普段あまり着用する機会がないので、自分の姿を見てもマッチしているかどうか判断できない、自信が持てないという人もいるでしょう。もし自分で判断するのに自信が持てないようであれば、式場のスタッフに相談するといいでしょう。式場には衣装担当者の方がいて、和装についての専門知識を持っているはずです。その方に自分の着用した衣装がいいのかどうかアドバイスを受けると安心です。わからないことがあれば、周りの専門家に相談することで不安が解消されます。

和装の髪形はどうすればいいの?


神前式をする場合、新郎は、衣装だけでなく髪型も意識したほうがいいでしょう。神前式ではこのような服装がNGという厳格な決まりがあるわけではないです。しかし社会人としての常識に当てはまらないようなヘアスタイルは避けたほうが無難です。具体的には髪の毛を派手な色に染めている、だらしない髪形にしているとどうしても周りの人が不快に感じます。これから家庭を作るわけですから、大人の落ち着いたヘアスタイルに決めることをおすすめします。
ではどのようなヘアスタイルが相応しいのでしょうか。まずは、さわやかさや清潔さを感じさせるようなスタイルがいいでしょう。基本的に長髪よりも短髪にしたほうが雰囲気が引き締まります。また、おでこは前髪をアップにしたほうがさわやかな印象もアップします。短髪だと、ヘアスタイルのバリエーションがあまりないと思っている人もいるかもしれませんが、ワックスなどを使って動きを出せばいろいろとオリジナルのスタイリングにすることも可能です。少しボリュームを出したいと思うのであれば、軽めにパーマをかけてみるのも選択肢の一つです。
和装で結婚式に出る場合には姿勢に注意することも大事です。新郎が猫背になってしまうといくら衣装がきちんとしていても、頼りなさげになってしまうので、鏡などで姿勢を確認して、人生における大きなイベントを思い出深いものにしましょう。

次の記事へ