梅

和装・前撮り・豆知識

和装の婚礼衣装


和装での前撮りは、日本らしさがあり近年人気を得ています。結婚式を和装で行う方もいますが、前撮りのみを行う方もいます。洋装と両方を着たいという方も多く、結婚式場や写真スタジオなどでも幅広く衣装を展開しているところが増えています。
和装の花嫁衣裳には白無垢、色打掛、振袖などが利用されます。白無垢は、打掛と呼ばれる一番上に着ている着物はもちろん下に着ている掛け下や小物もすべて白色で揃えます。婚礼着物の中でいちばんが格が高いとされており、挙式時にのみ着ることが許されている特別な衣装とされています。
色打掛は色や柄が華やかです。挙式時に白無垢を着て、お色直しで打掛を変えるという方が多いです。縁起ものの柄を選ぶことでよりおめでたい挙式になるでしょう。また、前撮りで色打掛を着ると、衣装によって写真がより華やかになります。自分のしたいコーディネートにすることができるので、自分らしさを大切にしたいひとにおすすめの衣装です。
振袖は成人式でもなじみのある衣装です。打掛よりも身動きがとりやすいため、披露宴やパーティーで着ることが多いです。振袖は未婚女性が着るものですので、結婚式で着る方は最後に着る機会となるでしょう。振袖は親から受け継いだものや、成人のお祝いに購入したものなど、思いがつまっているという方も多いです。そのような方は振袖を着ることで結婚式や前撮りがより思い出深いものになります。
このように和装には様々な意味があり、日本人として和装の花嫁衣裳を着てみたいという方もいます。そのような方は前撮りを和装にし、結婚式を洋装にしてみることも考えてみてはいかがでしょうか。

和装の似合うロケーション


和装で前撮りをする場合、どこで撮影をするか迷う方も少なくありません。せっかく和装で前撮りをするなら何年経っても見直したくなるぐらい綺麗な写真を撮りましょう。そのような写真を撮るためにはロケーションをこだわって選ぶことがおすすめです。
和装で撮影するなら、やはり神社や庭園、石畳の小路など日本らしい街並みがおすすめです。このような場所を選ぶことでより和装の美しさを際立てることができ、きれいな写真を撮ることができます。季節で街並みも変わるので、それについても考えておくとよいでしょう。例えば春であれば、桜と一緒に撮ることでより華やかな雰囲気が出ます。秋であれば色鮮やかな色の紅葉でより白無垢が映えます。どのような雰囲気の写真を撮りたいかによって季節を考えてみると、季節に合わせたものだけでなく自分のイメージに合ったものが撮れます。
撮影する際に注意しておきたいのが、有名な観光地ですと観光客の方々が写真に写りこんでしまうことがあるということです。観光客の方も気を使ってくださり、よけてくださる場合もありますが、このようなことがあるということは頭に入れておくと良いです。
どのようなロケーションで撮るのかということは写真の雰囲気、映えかたにも関わってくるので重要です。このようなことを考慮したうえでロケーションを選ぶようにしましょう。

和の小物を取り入れる


和装の前撮りの際には和の小物を取り入れることがおすすめです。和の小物を取り入れることでより華やかに美しく、また日本人の雰囲気を出すことができます。和の小物にもさまざまな種類があり、どのような雰囲気を出したいかによって使う小物を変えるとよいでしょう。どのような小物があるのかを紹介します。
まず花飾りです。花飾りをヘアアレンジとして使うことで顔が華やかな雰囲気になります。花飾りを使う際にはアップスタイルがおすすめのヘアスタイルです。アップスタイルにすることですっきりと見せることができ、また花飾りを顔周りにつけることで小顔効果も期待できます。
次に箱せこと懐剣です。箱せことは打掛を着るときに胸元につける小物入れです。もともとは武家の婦人が使用しており、嫁入り道具のひとつでした。懐剣とは打掛を着るとき、帯にさす短剣のことです。女でも自分の身は自分で守る、といった意味があります。このような意味の箱せこと懐剣ですが、現在では婚礼衣装の装飾品となっています。これらを使うことにより打掛や振袖の胸元を華やかにし、またさし色としても使用することができます。
最後に和ブーケです。和ブーケはその名のとおり、和風のブーケです。どんなお花を使うかによって雰囲気を変えることができます。色鮮やかなお花を使うことで派手やかな雰囲気が、落ち着いた色のお花を使うことで上品な雰囲気を出すことができます。和ブーケは自分で作ることもでき、より思い出深いものとなるでしょう。
このようにさまざまな和の小物があります。コーディネートによってもどのような小物を使うかが変わってきます。紹介したものの他にもたくさん和の小物がありますので、調べてみるとよいでしょう。和の小物を取り入れることでさまざまな雰囲気を楽しむことができます。和装で前撮りをする方は取り入れてみてください。

次の記事へ