梅

和装の種類を知って前撮りをしよう

和装で前撮りをしよう


結婚式をする数ヶ月前に業者にスケジュールをお伺いして前撮りの予約を入れる人は少なくありません。実際に前撮りをすることでカップルは様々なメリットを得ることができます。魅力の一つとして挙げられるのが時間に余裕を持って撮影をすることができる点です。
結婚式では当日隙間の時間を活用して写真撮影をすることも多くあります。また、挙式後には出席者全員が会場の前の部分に並んで団体写真を撮影する場合もあります。確かに結婚式の当日に撮影をしてその写真を思い出として保管することも可能ですが、スケジュール上短時間での撮影を余儀なくさせられるケースが多いです。基本的に式場を利用できる時間は限られているので、その時間内で挙式や披露宴を行わなければなりません。そのため、結婚式当日に新郎新婦がゆっくりと二人の思い出を残すために写真撮影をする時間は確保することが難しいでしょう。
前撮りを利用すれば和装や洋装を着用して二人でゆっくりと写真撮影をすることができるので、思い出の写真がたくさん欲しいと思うカップルの中には利用する人は少なくありません。挙式するカップルは当日、様々な衣装を着ることになります。撮影する場所は写真の出来栄えにも影響を与えます。結婚式当日だけの写真しかない方は背景の多くは結婚式場になります。もし前撮りをすれば様々な場所に足を運び、和装などの衣装を着用してプロのカメラマンに撮影してもらうことができます。和装に合うロケーションはたくさんありますが、撮影場所として神社や観光スポットとして知られるところ、庭園などを選択して撮影をすることも可能です。
また、前撮りをすることによって結婚式場以外の場所で撮影することができるので、ビジュアル演出にも活用できます。写真は素材として使用することが可能です。当日映像などを流してカップルのことをゲストに知ってもらったり、会場を盛り上げるモチーフにすることもできるでしょう。ビジュアル演出には素材が必要なので、前撮りをしていれば和装姿の新郎新婦の写真を準備することができます。
このように前撮りには様々な魅力がありますが、撮影してもらうことを検討しているカップルの中にはまだ衣装を選択できていない人もいるのではないでしょうか。結婚式らしい雰囲気を出すことができる衣装として和装姿などを挙げることができますが、どのような種類があるのかを事前に知っておくと衣装の選択をする時に活用できるでしょう。

和装の種類について


和装の種類の一つとして挙げられるのが白無垢になります。実際に女性の中には白無垢に憧れて前撮りをする人は珍しくありません。色は白が大部分に使われることが多く、アクセサリーなどにおいても白で統一するケースが多くなっています。白無垢を着用する時に付けるアクセサリーは髪飾りになります。白無垢は伝統的な和装になるので、昔から多くの人に着用されており、神前式などでも着用する新婦が多いです。
その他の種類としては色打掛になります。白無垢は大部分で白が使われているのに対して、色打掛は赤や黒の生地をベースに模様が描かれています。色はそのデザインによって異なるので、白無垢よりはバリエーションが多くなっています。前撮りの時は一着だけ着用して撮影をするカップルもいますが、その時に色打掛を選択する人も多く、前撮りの衣装の中でも比較的人気のあるタイプになります。色打掛は個性的なコーディネートや伝統的なコーディネートも行うことができるので、それぞれのカップルに合ったものをコーディネートしてもらうことができます。
その他の種類としては大振り袖があります。黒引きを中心に取り入れている業者も多く、大人の女性から支持されるタイプになります。アクセサリーには髪飾りを選択する人も多く、さらに小物として傘を準備するカップルも少なくありません。このようにたくさんの種類があり、着用する回数によっても異なりますが、自分の好みの種類を選択して前撮りをしましょう。

業者の選び方のポイントを知る


前撮りなどのサービスを提供する業者は複数あるので、選び方を紹介します。選び方の一つとして挙げられるのがプランになります。プランの種類はそれぞれの業者で異なります。例えばプランによっては和装などの衣装の数や、撮影場所の数も変わります。もし自分の好みのプランがないと後悔をする可能性もありますので、業者を選ぶ時は予めプランの内容を確認するようにしましょう。
その他の選び方は価格になります。カップルの多くはお互いに話し合いをして予算の設定を行っているのではないでしょうか。できるだけ予算内で利用できるところを選択することになりますが、比較をすることで適正な価格かどうか知ることができたり、結果的にお得に利用できる業者を選択できる可能性があります。
選ぶ時は今まで撮影した写真などを確認しましょう。業者の中にはホームページなどで公開してくれるところもあるので、ホームページから撮影した写真を見ることで撮影の技術力などを知ることができます。

次の記事へ