梅

和装で前撮りをしよう

和装で前撮りする時の事前準備について



和装で前撮りをすることを検討している人も少なくありません。実際に衣装の選択はそれぞれの新郎新婦で異なります。業者の中にはウエディングドレスやカラードレスでの撮影にも対応してくれるところもあるので、様々な衣装で撮影が可能ですが、カップルの中には色打掛や白無垢などで撮影したいと考える人もたくさんいます。もし前撮りをしておけば思い出を残すことができ、さらに結婚式で必要なウエルカムボードや招待状、披露宴で使用するビデオの素材としても活用することができます。このように様々なことに使うことができるのでメリットを感じる人も少なくありません。

実際に前撮りをする時には事前の準備が必要になります。例えば予算をカップルで決めておく事などです。基本的に料金に関してはプランや業者選択で変化します。事前に予算を決めておくと、プランや業者を選ぶ時にそれを基準に選択することができるので、大きな負担を抱えることなく利用することが可能です。費用の相場は大体約5万円から20万円程度になります。相場を知っておくと業者を選ぶ時に適正価格で撮影してくれるところを選択できます。費用だけではなく撮影場所を選定しておくことも大切です。撮影場所はあらかじめ業者がロケ地を準備してくれているので、その中から選択するケースが多いです。また、ロケ撮影だけでなくスタジオ撮影にも対応してくれるところもあるので、どのような場所で撮影をしたいのか予めカップルで話し合っておくと後悔のない撮影をすることができるでしょう。

また、事前準備として挙げられるのが撮影する日にちになります。実際に利用する時は予約をすることになります。結婚式間近で予約をする人は少なく、日にちに余裕を持つのが一般的です。カップルによっても異なりますが、予約は結婚式の約半年から3カ月前には入れておく人が多くなっています。もし時間に余裕がない人でも業者のスケジュールが空いている時は対応してくれる場合もあるので、相談してみましょう。

その他の事前準備としてはポーズを考えておくことです。どのようなポーズで写真を撮りたいか決まっている人もいるのではないでしょうか。ポーズを事前に決めておけば不自然さを少なくできます。モデルさんであればポージングする機会は少なくありませんが、一般の方は撮影されることに慣れていない人も少なくありません。そのため、ポーズを決めてあらかじめ練習をしておくことでスムーズに撮影をすることができるでしょう。



和装のロケ地について



白無垢や色打掛などの和装を選択して前撮りをすることを考えている人も多いでしょう。先ほども少し紹介しましたが実際にロケ地はそれぞれのカップルが選択することになるので、どのようなロケ地があるのかあらかじめ調べておくと参考にできます。和装で撮影できるロケ地として挙げられるのが公園になります。公園は自然が豊かで、場所によっては木々が生い茂り自然を表現することができます。例えば春には桜をバックに撮影することもできます。また、秋には紅葉を背景にすることができるので、季節を表現できる写真を受け取ることができる可能性があります。竹林などがある公園で撮影すれば自然豊かな写真を実現することができるでしょう。

その他のロケ地としては神社があります。神社は実際に結婚式などでも使用されることが場所で、ウエディングドレスよりは和装が適しています。境内で撮影をすることもできるので、実際に神社を選択する人も多くいます。和装の前撮りでは庭園が人気です。庭園は日本の昔の趣が残り和装姿の新郎新婦の背景に適しています。庭園には樹齢数百年の木などもあります。屋外で撮影をすることもできますが、室内での前撮りも可能なところが多いです。それが長屋になります。長屋は昔からある日本の住宅になります。

このように様々な場所があるので、カップルはお好みの場所をプランに合わせて数カ所選択することが可能です。



和装で前撮りをするための業者の選び方のポイントとは



現在では和装での前撮りを実現してくれる業者はたくさん存在しています。そのため、複数の候補がある人の中には選定に困る方も珍しくありません。

選ぶ時のコツとしては好みのロケ地を扱ってくれるかどうかです。それぞれのカップルによって撮影したいロケ地は異なるので、どのようなロケーションを扱っているのかを確認して好みのロケ地を準備してくれる業者を選択しましょう。

その他のコツとしては写真の質になります。ウエルカムボードなどの結婚式の時に使用するものの素材としても取り入れることができるので、できるだけ質が良いところにお願いをしたいと考えるカップルは少なくありません。質の高い業者の中には受賞しているところがあるので、そのような業者を選択すると質の高い前撮りの写真を実現できる可能性が高くなります。

次の記事へ