梅

前撮りにおすすめの季節とは?春夏秋冬それぞれのメリット・デメリット

屋外で前撮りをする場合、季節によってさまざまなメリット・デメリットがあります。どちらもよく理解して、より素敵な前撮り写真を撮れるようにしましょう。

こちらでは春夏秋冬、それぞれの季節における前撮りのメリットとデメリットをご紹介します。

・春の前撮りのメリットは桜!時期選びがデメリット


春と言えば桜。この時期に前撮りをすることで、季節感のある春らしい素敵な写真が撮影できます。

一方で、桜と一緒に写真を撮りたいという場合は時期選びが大変。休みが取りやすく、スケジュールに融通がきくカップルにおすすめです。

【メリット】
• 和装の場合、満開の桜の下で微笑む二人が最高に絵になる
• 洋装ならチューリップやバラ、ネモフィラなどと一緒に写真を撮るのも素敵
• お天気がいい日が続くので、野外での撮影も場所を選ばず楽しむことができる
• 暖かい日が増え、長時間の撮影でも快適に過ごしやすい

【デメリット】
• 桜の見頃に撮影場所や業者のスケジュール、新郎新婦の休みをあわせにくい
• 年度の変わり目になるため、前もって予定を立てにくい場合が多い
• 花粉症の場合、ベストな表情を残せないことがある

・夏の前撮りのメリットは海!暑いのがデメリット


夏の前撮りならやっぱり海で写真を撮りたいですよね。海やリゾートが好きな新郎新婦には特におすすめしたい季節です。

デメリットはとにかく暑いこと!撮影時以外は日陰に入るように徹底しておくと良いでしょう。蚊も多いので、露出の多いドレスを着る場合は虫除けスプレーを用意しておくと安心です。

【メリット】
• 開放的な気分で、より自分たちらしい写真を撮ることができる
• 春や秋など過ごしやすい時期よりは予約が撮りやすい
• 洋装ならひまわりやプルメリアといった夏の花がよく似合う

【デメリット】
• せっかくのウエディングドレスが汗でびっしょりになってしまうことがある
• 和装を選んだ場合はより熱中症などのリスクに備える必要がある
• 汗で落ちないようなメイクが必要
• 日差しがかなり強いため、紫外線対策が必要
• 虫が多いため、木が多いスポットでの写真撮影は毛虫やハエ、セミなどの虫に注意

・秋の前撮りのメリットは紅葉!予約が取りにくいのがデメリット


秋と言えば紅葉。しっとりと落ち着いた仕上がりの写真が撮れ、過ごしやすい秋は前撮りにもおすすめの季節です。

ただし人気のシーズンであるため、早く予約が埋まりやすい傾向にあります。人気スポットでの前撮りを希望しているカップルは、早めに行動を起こしましょう。

【メリット】
• 和装の場合、紅葉のキレイな日本庭園がよく映える
• コスモスなど可愛らしいお花と一緒に写真を撮ることもできるので、洋装にもおすすめ
• 春のように花粉症の心配もなく、屋外でも快適に撮影に挑むことができる

【デメリット】
• 快適なシーズンということもあり予約が取りにくい
• 人気シーズンのため価格が跳ね上がる業者もある
• いきなり寒くなることもあるため、特にドレスの方は体調管理に気をつける必要がある

・冬の前撮りのメリットはイルミネーション!寒いのがデメリット


冬はクリスマスシーズンということもあり、夜間のイルミネーションとの前撮りを楽しめるというメリットがあります。

一方、デメリットはなんと言っても寒いこと。特に露出度の高い洋装の場合、体調を崩さないよう、しっかりと防寒アイテムを持って撮影に臨みましょう。

【メリット】
• イルミネーションを背景にロマンチックな写真が撮れる
• 寒い地方なら雪と一緒に幻想的な前撮り写真を撮れる
• ファーやボレロなど、可愛らしい衣装を着ることも可能
• 予約の数が少ないのでスケジュールを立てやすい
• 場合によっては安い料金でサービスを受けられる可能性がある

【デメリット】
• とにかく寒いので体調管理、防寒対策が必要
• 表情がこわばってしまう可能性がある
• 年末が忙しくなかなか予定を開けられないという新郎新婦の場合、前もってスケジュール調整が必要

・季節に合った素敵な前撮り写真を撮ろう


春夏秋冬、それぞれの前撮りについてのメリットとデメリットをご紹介いたしました。
季節感のある前撮り写真はそれだけで素敵な仕上がりになりますし、二人の一生の思い出となります。

夫婦の出会った季節や好きな季節といったポイントだけでなく、二人のスケジュールを合わせやすい季節なども踏まえて前撮りの季節を考えてみてくださいね。

次の記事へ