梅

京都で結婚式の前撮りをする際におすすめの場所について

四季の変化を感じさせられる場所


これから京都で結婚式の前撮りをしたいという方もいるでしょう。その際にはどのような場所を選べば良いのでしょうか。素晴らしいロケーションがたくさん存在しているのが京都の特徴となっています。前撮りという機会を利用して遠方からわざわざこちらの土地に訪れて、写真撮影をしていくという方もいるほど人気の場所です。
まず、京都の良さの一つとして四季折々の美しさがあります。春夏秋冬とそれぞれのシーズンにおいて美しい光景が広がっているのです。たとえば春には桜が見頃となります。そのため、この時期には多くの観光客が訪れて賑わっています。そのタイミングで前撮りをしようという方も多いです。ただし、人気シーズンになると予約が殺到するため注意が必要です。5月や6月になると新緑が見頃となります。とてもキレイな緑が広がっており、その中にいるだけで心が洗われていくのを実感できるでしょう。毎日の生活の中で大きなストレスを抱えているという方には特におすすめできます。新緑の中で新郎新婦の衣装がとても映えるのも魅力的です。
さらに、秋になると紅葉がとても美しいです。四季の移ろいを感じさせるとても素敵な景色が広がっていて、写真撮影をするための絶好のロケーションがあちこちに存在しているのです。そのため、秋の紅葉シーズンに合わせて前撮りをするという方もいます。このように四季それぞれに魅力があるため、四季の変化を感じられるような場所を選ぶ人が多いです。もちろんすべてのシーズンで撮影をするわけにはいかないため、それぞれのシーズンの中から最も好きなシーズンを選ぶと良いでしょう。

神社で前撮り


和装で前撮りをするならば、やはり和の雰囲気を感じられる場所を選ぶと良いでしょう。その方が和装が映えるからです。そのような場所としておすすめするのは神社です。こちらならば、伝統的な和装を最も美しく見せることができます。和を感じさせるところというのは人気を集めています。特に京都というのはたくさんの有名な神社があります。その中でも魅力のある場所を業者が用意してくれます。
せっかく前撮りをするならばロケーション撮影をしたいという方は多いです。スタジオの中ではなくて外の空気を感じながら屋外撮影をすることによって、より魅力的な写真を撮影できるからです。和装で撮影をするならば、神社での撮影というのはとても雰囲気が出ます。結婚式の当日にはドレスによる洋風の結婚式をあげるつもりならば、前撮りではとことん和の雰囲気を追求すると良いでしょう。そうすれば、和と洋の両方をしっかりと楽しむことができます。
また、神社というのは四季の変化がはっきりと出るという特徴があります。そのため、それぞれのシーズンで異なった姿を見せてくれます。どのようなシーズンであっても、神社ならば美しい写真が撮影できるのです。桜が風に舞っている中で撮影をしたり、鮮やかな紅葉の映える中で撮影したり、まっしろな雪景色の中で新郎新婦がいる様子も絵になります。
神前式をする予定がないならば、神社という場所を選ぶことのメリットは大きいでしょう。神前式を行っている気分を味わうことができるのです。

その他のロケーション


京都で前撮りにおすすめできる場所は他にもたくさんあります。たとえば日本庭園です。日常から離れた贅沢な空間の中で撮影させてくれる業者があります。自然美あふれる環境の中で贅沢に前撮りができるのです。伝統的な和の邸宅があり、伝統的な茶室があり、これらをバックにして撮影することが可能です。このようなロケ地を用意している業者は人気を集めています。京都の中でも特に京都らしさを感じさせるスポットといえるでしょう。
また、京町家で撮影をするのもおすすめです。中には大正時代に建てられたような場所も存在します。歴史のある建築物の中で撮影ができるのです。たとえば有形文化財に指定されている町家もあります。和室と洋館があり、他にはない独特のデザインとなっています。そんな歴史的な資料ともいえるようなところでも撮影できるでしょう。
他にも有名な観光地がたくさん存在しており、それらでの街撮りを準備してくれる業者があります。もし思い出の地があるならばそこを選ぶと良いでしょう。素敵なロケーションがあちこちに存在しているのです。和装だけではなくて、タキシードやドレスの映えるようなところもあります。
注意点としては土地によってはオプション料金がかかってしまうことがあるのです。また、絶対に希望したところで撮影ができるとは限りません。そもそも許可が下りなければ撮影することが許されないからです。このような点にも注意をしながら、どこで撮影をするのか考えると良いでしょう。京都は日本の歴史を感じさせる場所であり、さまざまなものが残されているため、結婚式の前撮りに適した素晴らしいロケーションがたくさんあります。

次の記事へ