梅

京都で「前撮り」や「フォトウェディング」をする際は

「前撮り」や「フォトウェディング」を行ないたいと考えるなら


これから京都で結婚式を挙げる方は、「前撮り」や「フォトウェディング」をすることも検討すると良いでしょう。挙式に先だって写真撮影することを、前撮りと呼んでいます。また、フォトウェディングとは、結婚式を挙げず、その代わりに写真撮影を行なうことを意味します。前撮りをする場合は、結婚式や披露宴とは別の日程・場所で写真を撮影することとなります。そのため、挙式や披露宴の時に写真を撮るのと比較して、時間や場所の選択肢が多くなるというメリットがあります。例えば、春には桜、秋であれば紅葉をバックにして、屋外でロケーション撮影をするといったことも可能になります。
挙式前に写真撮影を行なう場合、身につける衣装を選択する際の自由度も高くなります。例えば、ウェディングドレスなどの洋装で結婚式や披露宴を行なう場合でも、和装で前撮りを行なうことは可能です。そのように、和装で写真を撮影する場合、着物の本場から衣装を仕入れ、提供してくれる業者は、利用価値が高くなります。
また、一口に「和装」と言っても、定番となっている白無垢をはじめとして、色打掛や振袖など、複数の種類があります。それらの衣装を、バリエーション豊富にラインアップしている業者は、幅広いシーンで活用することができます。
さらに、在籍しているフォトグラファーの経験やスキルも、利用する業者を選ぶにあたってのチェックポイントになります。そうした場面では、フォトグラファーの技術レベルはもちろんのこと、どのようなジャンルの写真撮影を得意としているのかも確認しておきましょう。例えば、良い写真を撮るために肩ひじを張ったポーズなどを要求することなく、ナチュラルな撮影を得意ジャンルとしている業者も存在します。このような会社を利用すれば、緊張すると表情がこわばってしまうという人も、リラックスした状態で撮影に臨み、自分らしい写真を撮ってもらうことができます。

利用価値の高い業者を選ぶ方法をご紹介


京都で桜や紅葉などを背景にして前撮りやフォトウェディングをする場合、業界内で輝かしい実績を上げてきている、スキルレベルの高いフォトグラファーに撮影を依頼しましょう。さまざまな業者の実績やスキルを確認するためには、受賞歴などをチェックしてみる方法もあります。中でも、業界内での権威ある賞を貰った経歴を持つところであれば、安心感を持って利用することができます。
また、前撮りでは、ウェディングフォトを撮影するのが一番の目的であることは言うまでもありません。ただ、挙式前の写真撮影では、愛する人との思い出を作るために生かすことも可能になります。例えば、二人で行きたかったスポットで、思い出作りも兼ねてロケーション撮影を行なうという選択肢もあります。そのような場合には、撮影場所の土地勘がある業者を利用するのがおすすめの方法と言えます。こちらの方法を実践すると、撮影の合間に、観光などもできるので、楽しい時間を過ごすことができるでしょう。
和の装いでウェディングフォトを撮影する場合、京都などはおすすめのスポットと言えます。例えば、京都には、石畳が続く情緒豊かな町屋や、さわやかな水のせせらぎ、プライベートな感覚が魅力的な「和の邸宅」や桜と紅葉の有名スポットとなっている自然公園など、和装でのロケーション撮影に適した場所が数多く存在します。

おすすめの業者に関する情報はこちらでチェック


京都で前撮りやフォトウェディングを行なうにあたっては、撮影場所まで移動する手段についても確認しておきましょう。京都には、ロケーションの場所に車で無料送迎してくれる業者も存在します。このような会社を利用すれば、負担することになるコストや時間、エネルギーを減らすことができます。
また、撮影の際に身につける衣装を業者に用意してもらう場合、自分たちで準備しなくて済みますが、別途料金がかかる場合もあります。加えて、自分たちが気に入っている衣装で撮影に臨みたいという方もいるのではないでしょうか。 そのような問題を解決するためには、持ち込みの衣装でも撮影してくれる業者を利用すると良いでしょう。持ち込みの場合でも別途料金が発生しない場合、コストの面でアドバンテージがあります。そのような場合に相手方の業者へ衣装を郵送すると、手間暇の負担を軽くすることができます。衣装を郵送する場合、紛失や盗難といった不測の事態に備えて、小物などの点数を前もってチェックしておくと良いでしょう。写真撮影に必要な小物などが全て揃っていないという場合には、レンタルのサービスを併用するという方法もあります。
その他に、遠方に住んでいるなど、何らかの理由があって事前の衣装合わせをすることができない場合、撮影当日の衣装合わせに対応してくれる業者もあるので、チェックしてみることをおすすめします。

次の記事へ