梅

一生に一度の結婚式だからこそ着たい和装

ウエディングで和装を…という願いが多い現代


一生に一度の結婚式、披露宴というと、多くの女性がずっとあこがれ続けてきた一大イベントです。これから結婚式の準備を始めるカップルにとっては、どんな挙式、披露宴にしようかと考えていると思いますし、二人にとって一番楽しい時間を過ごされているのではないかと思います。女性からすると、結婚式、披露宴にどんな衣装を着ようか?とこの点は非常にこだわりを持って選ぶ事が多いですが、最近は派手やかすぎない挙式、披露宴が多くなっていることで、ますます衣装に悩まれる方が多いようです。
バブル時代は結婚式、披露宴ともに派手で、お色直しについても3回から5回という数をこなす新婦もいて、披露宴の時にとにかく新郎の横に新婦がいないという時間が長いということもありました。しかし現在は、衣装の数も減らし、披露宴も親戚とお友達で少ない人数で行うということも多くなり、衣装に頭を悩ませるという方も多いのです。
何度もお色直しをするのであれば、選ぶ衣装の数も多くなり、いくつかをチョイスできるので、それほど悩まないです。しかし着用する衣装が1着、もしくはお色直しの1回だけということになると女性は一生に一度の晴れ姿を何にすればいいのか?と迷うことが多くなるでしょう。
親御さんはせっかくの挙式、披露宴だから、本当にこの時以外着ることができない白無垢、文金高島田など日本伝統の衣装に身を包んでほしいという和装を希望されることが多いです。また最近の若い女性は和装でフォトだけでもとりたいと、昔ながらの衣装をきた記念写真の撮影を希望されている方もいます。
おめでた婚などで挙式を行う予定はない、しかし衣装だけ着用し思い出を残したいと考えているカップルも多いのです。では、そんな時に希望される方が多いという和装には、どのようなものがあるのでしょうか。

結婚式といえばやっぱり白無垢・文金高島田


和装というと、やはりパッと頭に浮かぶのが文金高島田、白無垢です。色打掛、白無垢は日本伝統の和式の衣装であり、特に白無垢は和式挙式のみ、着用を許されている衣装です。神前式でも仏前式でも人前式でも、こうした和式の衣装を着用できます。神前式は神道度ベースにした挙式で大正天皇のお式の際に原型とされるお式が行われ、その後民間に広まったお式で、伝統あるお式ですが、実は100年くらい前から行われるようになった比較的歴史の浅い挙式です。仏前式は一度お式を行うと来世も縁が結ばれるとされる仏教の教えに基づくもので、二人の出会いを仏様、祖先に報告し感謝する、来世までずっと結びつきを誓うという伝統的なお式です。人前式はご両親や親族などの親しい方々の前で結婚することを誓うお式で、最近はかなり多くなっています。宗教と無関係ということもありますし、近しい方々に結婚を誓う場にいてもらいたいという願いで行われています。どの結婚式でもこうした和服での衣装を着ていいのですが、芸能界の方々が神社仏閣などで古式ゆかしいお式を行うことが多くみられたこともあり、和服でお式を挙げたいと思う若い方が多くなってきたようです。
白無垢はもっとも格式の高い婚礼衣装で、挙式のみ許される衣装、さらに邪気を払うという儀式に挑むときに着用するものです。色打掛は室町時代以降、武家の女性の礼装とされていたもので、結婚式では白無垢を着て披露宴で色打掛を羽織るというスタイルが一般的です。
白無垢などの伝統的な衣装を着用し、その姿をご両親にみせたいという花嫁さんの気持ち、また日本人だからこそ着用できるこの衣装を一生に一度のお式で着用したいという気持ちはよく理解でき、またご両親にとっても感慨深い一日になるでしょう。

もっと自由にモダンな結婚式の和服を楽しみたい


式の際には白無垢や色打掛でないとならないと思っている方もいます。しかしそうではなく花嫁ならではの引き振袖という選択もできます。結婚式の際、こうした引き振袖を選択される方も多くなっています。引き振袖はお引き摺りと呼ばれるもので、振袖の裾を引いた振袖です。江戸時代、武家の婚礼衣装として用いられてきた正式な和装のスタイルで、挙式に利用する者は一般的なものではなく、黒地に引き振袖を利用したものでした。しかし現在はもっと自由に黒以外の引き振袖を挙式衣装として利用されることも多くなっていて、花嫁さんの衣装選択は幅広いものとなっています。
成人式で着用する中振袖を結婚式に利用したいという方もいるようですが、通常婚礼用には引き摺るほど長い振袖が利用されてきたので、中振袖をそのまま利用するということは少なく、通常、お端折りを作ることなく伸ばしたまま着用、もしくは綿を入れて着丈を伸ばすなどのお直しが施されています。挙式の際にはこうした和服を選択される場合、角隠しをつけるのですが、中振袖に文金高島田のかつらをつけるとアンバランスになるので、やはり中振袖を利用したい場合などはお直しを行う、また別の和服を選択するなど考える方がいいといわれています。
こうした日本独自の着付け、着方、和服の選び方などがありますが、現代に生きる女性はもっと自由に型にはまらない美しく新しい着方でお式を彩る事もあります。写真のみというときにも、自由に、一生に一度の晴れ姿をモダンな和装できめてみるのもおすすめです。
最近はこうした和式の衣装で粋に写真を撮ったり、そうした衣装を準備してくれているお店なども多くなっているので、和式の衣装で披露宴をしたり、写真撮影をすることができるでしょう。

次の記事へ